本文へジャンプ

商品について

『大家の味方』取扱代理店様インタビュー

インタビュータイトルが入ります

小見出しが入ります

exImg.jpg
家賃補償保険をはじめて知った時のことを教えて下さい。

昨今、お子様が独立し親子それぞれ別々にお住まいになられるケースが大変多く見受けられるようになって来ておりました。賃貸市場的には、需要が増える事になるので大変ありがたい状況である反面、年配の方だけでお住まいになるケースが増える事となり、孤独死等、今までにない心配やリスクが新たに発生いたしました。そのような状況であった為、オーナー様へのリスク軽減策を模索しておった際に当商品を知りました。

家賃補償保険をどのように活用されましたか。

基本的に保険というものは事故リスクが全く存在しないのであれば、加入する必要はないものと思います。しかしながら賃貸経営には、ご存じのとおりさまざまなリスクが存在いたします。オーナー様に対してリスクを0にすることは難しいですが、管理会社として少しでもオーナー様のリスクを軽減し安心して賃貸を経営していただける一つとして、この家賃補償保険を活用させていただきました。

既存のビジネスと家賃補償保険との親和性について教えてください。

家賃補償保険付きの新管理プランを作成しました。新管理プラン対象物件の家賃補償保険は当社が加入契約者となり、万一の事故対応時もオーナー様に少しでも手続き等の手間がかからず、リスク軽減出来るような管理プランとしました。

最後に家賃補償保険のご契約をいただいたオーナー様からの声をお聞かせいただけますでしょうか。

こればかりは、オーナー様それぞれの考え方や物件の状況等がそれぞれ違うので全て統一する事は出来ませんが、ご加入して頂いたほとんどのオーナー様の考えは「今後は間違えなく高齢化社会になって行く。そうした場合、今までの賃貸経営の常識では考えられない 火災・漏水の発生や、住居での死亡増加等数々のリスクが増えてくると考えられる。このようなリスクをいかに軽減して行くか色々と細かく考えて行かなければならない時代」との事ですので、当商品は非常に喜ばれております。

プロフィール

プロフィールが入ります。プロフィールが入ります。